Category: Uncategorized

お茶

 今年に限って、冬から春にかけて、煎茶の袋を三つ四つ空にするほど、珈琲ではなく、お茶ばかりを飲んでいた。

Continue reading »

時間往復歩行

 月のはじめに冬の素描やらを展示し、散らかった部屋に戻って暫し途方に暮れた。傘張り地味た単調愚鈍な手元に嵩んだ鬱屈を払うように、再び小さな工作の反復を引き戻し、片付けもそこそこに、素描で膨らませた光景のような幻影を、手元に試される矩形構成に消しゴムのような効果を与えてはまた炙り出す。芽吹きを待つと同じ感触で、素材の尽きるまで繰り返していた。

Continue reading »

何が描きたいのか?と尋ねられて

 ギャラリートーク(主宰者は茶会といった)にて、進行役のナカムラジンより尋ねられて、ああ、あなたはモノをつくる人間で、こちらは「成る」ことに感(かま)けていると答えたが、おそらく伝わっていないと感じた。関わる事象を完成帰着させるつもりはないと続けたせいで、「成る」の誤謬は広がっただろうと、帰り道若干反省して振り返っていた。主宰進行役から、お前はエッセイ等内容がわからないので書かない方がいい、俳句とか短歌とかのほうがいいと言われ、これは判り易い絵を描けと言われたも同然だと、小さな(まあ米粒程度の)ショックだった。彼の言いたい事はわかるけれども。

Continue reading »

101519

[Chorus]

Continue reading »

インターバル

 制作構築上の、素材乾燥を待つという都合で、事象の交渉作業が途切れ、そんな時は併行している別へ横移動するけれども、取り組む制作作品毎に作業形態が異なっているので、なかなかすんなり差異のある創作気概の移行はできるものではない。大方は無理だからあっさり諦めて散歩や外部への用事で数時間を車などで離れることも、最近は頻繁にあり、こうした宙ぶらりんのインターバルの最中で断片化された思考は整理されるものだと知る。中断される身体的な作業の、それぞれ個別な事に、全面的に思念が注がれているわけでは勿論ないが、竹の節々のような分節でもあるこうしたインターバルに、そこそこせき止めていたようなことが流れはじめて渦をつくる時間の溜まりのようなものを眺める気持ちになることは、ある種健全だろう。

Continue reading »