08.May.2019 最近の創作所感から

 ピッツアの上に蕎麦を乗せチーズをふりかけて山葵を皿の脇に置く。つけ汁とタバスコを横に置いて口元の耄碌を憶いだすように振り返っている。そんな始末を途方に暮れて繰り返している。
 創作のことだ。三十代から四十代までの二十年程の旺盛な時には、ブランディングと創作を結んで真っすぐな道を、折れ曲がりながらも歩いたけれども、振り返れば浅ましい没頭だと憚った五十代は、全うなクールダウンのようなものではなくて、寧ろ乱雑乱暴にかき寄せた過去の記憶や物理事象の「併置」に手をだして、散らかっていくに任せるという塩梅だった。
 局面の異なる折衝所作が、一挙に目の前に広がるようなことに、片付けるつもりがない気持ちが被さって、「あの時こうした」「ああしておけばよかった」という所作残滓が差別なく転がるものだから、「今はこうする」という意思決定を鮮明に行なうという整えの方向は萎びて、間違いも正しさも同等に眼を細めるような扱いとなり、弛緩した寛容ともいえる無邪気の生成に身を委ねている。

 面白いのは、こうした創作所作が私という個体の、都度幾度となく試みた「修正」の間違いを、今更の「修復」となって正すかに、時々の些末な事情によって頓挫した「果て」「その先」を、今一度見通し良いものとする作業であると、気づかされることだ。創作物に積まれる行為痕跡は、故に溜息を握り飯のようにした「複合的」なモノとなり、おそらく死の間際で胃袋に溶かされる。

 私とは真逆に、几帳面に片付ける性情に人生の後半を費やす者の心情を浮かべると、羨ましいと思うより、完成・旺盛へ時間退行する無理矛盾が哀しい。

Comments Off on 最近の創作所感から

Essentials

Meta

Pages

Categories